「骨は使わないと弱くなる?」(アメブロ骨谷さんとの対話更新)

アメブロの骨谷さんとの対話を更新しております。
内容は、骨谷さんの自己紹介=骨の役割について。

アメブロはこちら

キネステで言う骨の役割「重さを支持面に流す」と、それを果たさないと骨は弱くなるという事をざざっと書いています。

アメブロの記事に補足をしようかと思ったのですが、そうすると筋肉の話とセットになってしまいます。
筋肉の話は明後日書くので、ひとまずここまでにさせて頂きます…が、

骨は支持面に重さを流すのが役割。
それを果たさないと弱くなる。

ということは、重さを伝えにくい構造のエアマットやふわふわクッションなんかはどうなんでしょうね、と考えてみて頂ければ幸いです(昔の宇宙飛行士なんかも確かそうだったように記憶しています)。

今日からアメブロとこちらをほぼ一日おきに更新します。
こちらの更新の無い日は、アメブロの内容を少し違った角度を付け加えて紹介します。
しばらくその形でいこうと思うので、宜しくお願い致します。

骨やんこと骨谷氏も参加している、キネステティク・クラシック ネオ。動きの「困った!」を「こうしたらどう?」に導くためのヒントが見つかる言語化の道具です。
現在、個人レッスン、少人数のグループレッスン、出張講座を行っております。
メニューはこちらから、お問い合わせは下記メールフォームからどうぞ。

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

ご相談の内容(介助を受ける方の性別、年齢、背の高さや肉付き、身体の動かしにくい部分や出来ない動き、やりたい事、それを試みた時の状況・環境・介助する側のやったこと、などをお書き下さい。可能であればメールアドレスをご記入頂くと内容についてやり取り出来るので、出来るだけお知らせ下さい)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です