今日は重陽の節句ですね

今日は重陽の節句ですね(たまに鍼灸師らしいことを書いてみる)。

重陽というのは、陽の数字とされている奇数が重なる日という意味です。九が最大なので、五節句の終わりの日でもあります。
五節句の他の節句は何かというと、三月三日の桃の節句(上巳)、五月五日の端午の節句、七月七日の七夕の節句、は有名ですね。
あと要の月は一月なので、一月一日なのかというと、違います。
一月は七日で、人日の節句と言います。
昔の中国で、一日から六日には動物があてられていて七日が人の日だったそうで、そこから来ています。憶えたい方は、七草粥の日と憶えてください。

重陽の節句にはあらかじめ菊に着せておいた綿の夜露で身体を拭う習慣とか、菊の花弁を浮かべたお酒を飲む習慣があったそうです。

以上は、鍼灸師の季節の豆知識。
ボディワーカーがお伝えする身体の豆知識、キネステティク・クラシック ネオのメニューについてはこちらから。
お問い合わせは下記メールフォームからどうぞ。

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

ご相談の内容(介助を受ける方の性別、年齢、背の高さや肉付き、身体の動かしにくい部分や出来ない動き、やりたい事、それを試みた時の状況・環境・介助する側のやったこと、などをお書き下さい。可能であればメールアドレスをご記入頂くと内容についてやり取り出来るので、出来るだけお知らせ下さい)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。