あなたのやってきたことが、今のあなたを作っています(外反母趾とキネステティク・クラシック ネオ)

昨日は午前中が町屋で健康教室、午後が訪問マッサージでした。

奇しくも昨日は複数の外反母趾の方に関わりました。
共通点、外反母趾、若い頃ヒールを履いていた、足の裏にたこがある、最近足が幅広になってきたまたは足指の付け根辺りが痩せてきた気がする。

「外反母趾、治りませんよね」とお一人の方に言われました。
「昔、ヒールを履いていたから」と、お一人の方に言われました。
「出てる骨を削るしか無いってお医者さんなは言われるけど、手術はイヤだわ」と、お一人の方に言われました、

骨が変形していれば、削らないといけないかもしれません。
でも、そうではなくて今までしてきた長年の習慣が今の状態を作っているのであれば、もしかすると今の辛い状態を少し楽にする方法が有るかもしれません。
外反母趾の人によくある癖、身体の使い方の誤解をちらっと話しましたが、「私はそんなことしてない」と言った方もいらっしゃいました。
でも、ふと見ると、そういう姿勢になっています。

あなたのやってきたことが、今のあなたを作っています。

それは、食でも、思考の癖でも、動きでも、同じことです。
食の結果が体型になり、思考の結果が目の前の世界の捉え方=現実になり、動きの結果が不調になったりするのです。
それが今までしたことの結果であり、積み重ねた癖の現れならば、誰のせいでもない、自分のしてきたことの結果です。誰かに責任を押し付けたり、誰かに何とかしてもらったりする前に、自分が何をしているか知って、気付いて、対応を変えましょう。
結局、それが、唯一の根本的な解決へと向かう道です。

身体の癖は、日々の選択の積み重ねの結果であることが多いです。靴や、体質や、加齢のせいではありません。自分のしていることのせいです。
それに気がつくヒントについて、体験を通して学べる、キネステティク・クラシック ネオ。

最新の予定は、こちらからどうぞ。

お申し込み、ご質問は、下記からお気軽にどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です