キネステの講座をまとめてみました、その2・連続の講座と、特別な講座

こんにちは。台風で煽られながら、傘の骨は「骨」と呼ぶのに、傘の布の部分はなぜ「肉」とも「皮」とも呼ばないのだろうと考えてしまった、たむらつかです。
昨日の続き、キネステの講座・講習・セミナー等についてのまとめ、本日は連続のものと、特別な講座について取り上げます。

「自分の動きに関する考え方を一通り学んで自分の動きを楽にしたり、仕事や家庭での介助の際のヒントにしたい」
キネステティク・クラシック パーソナルレベル(全18時間・1ユニット3時間5000円(税別)×6単位+テキスト代2000円、またはテキスト代込み一括で30000円(税別))
動きの概念という考え方を使って、自分が動くときの重さや動きの使い方を多角的に観察し、より自然で無理のない自然な動きを、体験を通して学習していきます。
パーソナルレベルを修了していることが、動きに何らかのトラブルを抱える方への介助につながるキネステティク・クラシックの応用編「サポーターレベル」の受講要件となっています。

「自分の動きをベースにして、動きにトラブルのある方と一緒に動く介助についての考察を深めたい」
キネステティク・クラシック サポーターレベル(全18時間・1ユニット3時間6000円(税別)×6単位+テキスト代2000円、またはテキスト代込み一括で35000円(税別))
動きにトラブルのある方と一緒に動いたり介助したりする際に、パーソナルレベルで学んだ動きの概念を動きを分析する道具として使って行く方法を、実践形式で学びます。
パーソナルレベルを修了していることが受講要件となっています。

以上、メニューの説明からのコピーですが、よく読むといろいろなことが分かりますね。最大のものは、「一括だと受講料が安い」ということです。これ、ユニット1を体験会で受けた方でも、2を受ける際に「残りは一括にしたいです」と言っていただければ、残りを一括扱いに致します。最初から一括と比べると体験会用テキスト代が500円追加されますが、いきなり申し込むのはちょっと、と思われる方は、ユニット1+残り一括を、ぜひお試しください。
連続講座が可能な日の日程は、こちらからご覧いただけます。

もうひとつ、昨日と今日説明した以外に、特別な講座というのがございます。
これは何かというと、「こういう内容を、このくらいの時間で知りたい」というご希望にあわせて行う講座です。
職場単位や、ご家族や仲間内で3名以上でお申し込みいただいたり、PTAや地域の勉強会やカルチャーセンター的な講座のご依頼の場合、上記のようなオーダーメイドの講座をリクエストしていただけます。
また、通常の講座を3名以上でお申し込みいただいた場合は、割引制度もございます。
特別な講座は、出張対応も承っております。
こちらから、お気軽にご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です