遊んで動くと楽になる?!杵蔵かるた~、「す」!

杵蔵かるた職人のたむらです。
キネステティク・クラシック ネオかるた、通称杵蔵かるた。
本日は「す」です。
「す」で始まるキネステっぽい言葉…滑るとか、座るとか、砂町とかでしょうか(三つ目…)。
しかし、違うのです。
そして、さあさんの投稿も似た方向に違ったので面白かったです(後で書きます)

ではご覧頂きましょう!
「す」!!

ステキだネ、その人なりに動くって

カタカナを使っているのは、わざとです。
昭和生まれだからではありません。
ステキだネを並び替えます。
すると

ステキだネ→キネステだ

ワーイヽ(´ω`*)人(*´ω`*)人(*´ω`)ノワーイ

ふざけているわけではありません。ちゃんと意味があります。
キネクラネオでは、その人のできないところを手伝います。
介助される人が、自分で動けたと思えるような介助がキネステティク・クラシック ネオの目指す介助。
こういう風に立ってくださいとか、ここに手を付いて起きてとか、出来ることを考慮しないで持ち上げて動かしたりとかと違う考え方をします。

体験しないと分からないと思いますので、どういうことか気になる方は、まず体験会においでください。
直近の体験会は、4月28日日曜日午前中江東区北砂にて(残席5名)。
4月13日金曜日午前中は、名古屋で体験会を行います(こちらはあと2名くらい)。滅多にないと思うので、ぜひ。

では、また!「せ」でお会いしましょう!

最新の予定は、こちらから。
お問い合わせは、こちらからどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。