寝違えて右を向けないときの対処法(今楽になって、一生役立つ身体の知恵セッションとキネステティク・クラシック ネオ)

ある日「寝違えて首が痛いんだけどなんとかなるだろうか」と言われました。
「痛くてもいいですか?」と聞いたらいいと言うので、やってみました。
まず、寝違えは首のせいではないので(こちらの記事をご参照ください)、上肢にいろいろします。悶絶されたのでどうするか聞いてみたところ、やっていいと言うのでしばらくやりました。
で、様子を見てもらうと、まあまあいいと。
しかしその時左右を見て「右向けない」と言うではないですか。先に言ってよ~と言いたくなる瞬間ですが、これは多分上肢をやったから出てきた言葉なのです。
ここで質問です。
右を向けないのを何とかしたいとき、どこを触りますか。

私の答えは左側です(右もやるけど)。
左のどこかが右を向くのを止めてます。
どこかは首から遠いこともあります。
今回そのどこかを触ったらまた悶絶されましたが、最終的には自分でもやりたいからやり方教えて欲しいと言われました。そこと上肢のセルフケアを伝えて、終了。
確認したら、だいぶ無理なく右を向けるようになりました、めでたい。ということで、お大事にです。

たいていの方はどこか痛いとかどこか動かないと言うとそこをなんとかしたいと思われるのですが、痛いとか動かないその場所に原因があることはあんまり有りません。
セルフケアができるようになるために、キネステティク・クラシック ネオがお役に立ちます。
辛くてそんなにのんびりしてられないという方は、今楽になって一生役立つ身体の知恵セッションにお越しください。
原因の場所を探して施術し、セルフケアの提案も致します。
いまになって、一生役立つ身体の知恵セッションとキネステティク・クラシック ネオの最新の予定は、こちらから。
お問い合わせは、こちらからどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です