続・勝間和代さんのような論理的な人でも膝が痛くなる事実を憂う

前に、勝間和代さんがメルマガで膝が痛いと書いていた、とブログに書きました。
で、今朝勝間さんのブログを見たら、膝の事が書いてあるではないですか。

「そういえば、1年半くらい痛かった膝、やっと治る方向に動いています」

上記がその記事のリンクです。メルマガを読んでいない人でも読めるので、ぜひ読んで下さい。勝間さんの事が好きとか嫌いとか関係無く、一人の普段の生活は合理的な40代女性が膝が痛くなった話として読んでいただきたい。
お医者さんに三軒、四回行ってますね。
で、五回目に接骨院に行っています(おそらく柔道整復師さんの所)。
しかもばね指と腰痛もあると書いておられます。
ばね指はともかく、腰痛・・・
勝手に推測すると、勝間さんは体の理解と使い方に勘違いが有る・・・のかもしれません。
びっくりしませんか。私はびっくりしました。
すごい頭の良い、合理的な方ですよね。
なのに自分自身の体の使い方が合理的じゃない!!!!!!!!(かもしれない)
大丈夫か、日本の超高齢化社会。
しかも、結びに、勝間塾でも沢山痛みの有る人が居ると書いてある。
さらに、痛みの話の共有は有用なのではと書いてある。
共有する時に前提に勘違いとか思い込みがあったら、大して役に立ちません。
合理的で論理的で知性的な人たちが、日々自分で自分を痛めつけてる(かもしれない)って、何・・・!!!!!
もうさー、勝間塾に入って、痛い人たちの話を聞いて動く様子を見てみたいよ!!
そう本気で考えています。

自分の身体の使い方のヒントになる!?キネステティク・クラシック ネオの最新の予定は、こちらから。
お問い合わせは、こちらからどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です