日本看護学教育学会でのキネステティク・クラシックの発表を見に行きました

8月18日に沖縄で行われた、日本看護学教育学会でのゆんたくケア研究会のメンバーによる交流セッション。キネステティク・クラシックを道具として使った、これまでの取り組みについての発表を見に行きました。
これまでの歩みや学生への教育においてキネステティク・クラシックがどういう役割を担えるか、脳性麻痺をやめたユイさんの学習の様子、質疑応答など、中身の濃い90分でした。
実は、現在関東で看護教員をしている、大学時代からの友人も学会に来ていて、興味を持って発表を聞いてくれました。
一緒に遊んでいた仲間と仕事関係で沖縄で会えるなんて、感慨深いです・・・!
Yちゃん、よかったらぜひ学校でキネステを取り入れてみてね~♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です