なぜキネステティク・クラシックを取り入れると介護職の離職が減るのか

すごいタイトルですが、本当にあった話なんで。

とある施設の教育とか人事とか担当している方(詳細は略)が、キネステティク・クラシックを学びにきてくださいました。で、なんだかんだあって、こんな感想を頂きました。

「最初は身体を壊さなくなったら辞めなくなるかなと思ったんですが、他の効果がありました。仕事に責任を持って自分で考えて取り組んで結果が返ってくるようになったので、仕事が面白くなったという声が増えて。それも、辞めなくなった原因みたいです。予想外でした」

仕事って、報酬だけが続ける要因ではないんですよね。
楽しいかと、大事なことが学べるかが大事と、私の愛読書の著者の方もブログで書いておられました
ある状況でどうしたらいいのかを自分で考えて対応することができるようになって、それの結果が自分も相手の方も楽になることで分かって、一生役立つ動きの道具を学べる、キネステティク・クラシック。
取り入れた職場で辞める人が少なくなる理由が、分かりますね(ね!)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です