食べる物に気をつけるように、キネステで、動くことにも気をつける

最近あちこちで健康情報が発信されていますね。
食べ物が健康に大きな影響を及ぼす、というのは、よく見ます。
では、動きが健康に大きな影響を及ぼすというのは、どうでしょう。

不思議なんですが、動きの健康情報って言うと、ほとんど筋トレになっちゃうのは、なんででしょう。
筋トレって、特別にやることですよね。
やるかやらないか、ゼロか百かみたいなものです。
食べ物の健康情報で言うと、「これを食べれば病気にならない!」みたいな感じでしょうか。
今はもうない番組で、トマトがいい!っていわれるとスーパーからトマトが消え、バナナがいい!ってなったらバナナが消え、みたいのがありましたよね。バナナのときは、何十年も毎朝バナナを食べることにしている方が、困惑していました。
美味しく食べるならいいんですけど、健康のために食べなきゃ!!っていうのは、どうなんでしょう。
そういうのって、一過性なんですよね。ブームっていうんでしょうか。次々と新しい情報が出てきて、前のは忘れられてしまうことがほとんどです。

それはそれでいいんですが、少しだけ日々の動きに気をつけて、特別何かしなくても身体が整うことをしてみませんか。
食べ物でいうと、「普段の食事で、こういうことに気をつけましょう」みたいな感じですかね。よく噛むとか、バランスよく食べるとか、食べ過ぎないとか。
何か特別に生活を変えなくても、ちょっと気をつければ出来ることです。

そういう、ブームじゃなくて習慣になりそうな、小さなことを、継続する。
キネステティク・クラシックを知ると、日々の動きでそれができるようになります。
まずは半日、からだと向き合ってみませんか。
動き全般について知りたい方はキネステ体験会に、自分の動きと身体のことをじっくり観察したい方は、身体と動きのトリセツに。
私もお待ちしていますが、あなたの身体も、気付いてくれるのを待ってますよ~。

日程は、こちらからどうぞ(下の枠の中にカレンダーも出ます)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です