「こんな簡単な事で…」というご感想を聞いて喜ぶ訳(キネステティク・クラシック ネオ)

10月パーソナルレベル受講者さんの、感想のご紹介です。
感想といっても、タイトル通りの一言なんですが(笑)

環境・体位を整える、というのを、最終日にやっておりました。ユニット5という単元と、応用であるユニット6でもやっていたのです。
この日いらしてた方のお持ちの資格は、全員、看護師です。
一人一人今ご自分が夜寝る時にしている姿勢を取って頂いて、今まで学習したキネクラネオの概念に基づいて、必要と思われるサポートを入れていきます。

たいていここで、看護師という経歴が邪魔をします(笑)

「キネクラネオで学んだ」ではなく、「今やっている」「今まで習った」サポートをついつい入れてしまうのですね。
分かります。
看護師さんの多くは、いつまでも、とある呪縛から抜けられません。それは、

「隙間を埋める」。

え、埋めたらいけないの?とお思いの方。埋めても構いません、ご自分が寝るときに、お好きでしたら。安心できるとか、ふわふわに囲まれたいとか、隙間があいてると寒いとか、有りますものね。
ですが、楽に横たわる為には、それらはほぼ何の役にも立ちません。

パーソナルレベルでは、どこに入れるか考える→入れてみる→もっと他に選択肢は無いか考える→入れてみる→比べてみる→何もない時に適宜戻って、入ってる時と比べてみる、という様なことをやります。
すると、時々、タイトルの呟きが聞こえてきます。

「こんな簡単な事で」

こんな簡単な事で、楽になる。
こんな簡単な事で、仙骨や踵にかかる重さが少なくなる。
こんな簡単な事で、痛いところが引きつらなくなる。などなど。

そしてたいてい、「こんな簡単な事で」と言った方は、「ごめんなさい!」と謝られます。
いえいえ、謝らないで下さい、喜んでますから。

キネクラネオを学習すると、「こんな簡単な事で(こんな風になるんだ!)」とか、「こんな簡単な事に(気がつかなかったのか!)」とか、そう言う言葉が口をつきます。
おっしゃる通りで、こんな簡単な事なんです。
看護師さんを呼ばなきゃ出来ない訳でも、リハビリの先生しか出来ない訳でも、専門家にしか出来ないのでもなく、気がつけば、誰でも出来ること。

気が付けば誰でも明日から少し毎日が楽になる、キネステティク・クラシック ネオ。

明日も、ご感想を紹介します。

最新の予定は、こちらから。
お問い合わせは、こちらからどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。