身体を壊して、仕事も詰まらない介護職の方が五千円で未来を変える方法

すごいタイトルですが、実話です。
その方法はキネステティク・クラシック ネオの講座に来てくれることなんですけど(笑)宣伝か!と言われるでしょうが、宣伝です。だけど嘘ではありません。
質問ですが、あなたは何故身体を壊したんでしょうか。

利用者さんが重いから?
「立たせて」ってぶら下がってくるから?
ベッドが上げ下げできないから?
急いでケアしなきゃいけないから?

全部正解でしょうが、全部間違いです。
あなたの身体を壊す状況を、あなた自身が許してるからです。
キネステティク・クラシック ネオという、動きの学習があります。
腰痛も膝痛も肩こりも治ります。
ただし、あなたにその気があれば。
私は重たいものを持つ仕事についていたとき、坐骨神経痛になりました。
コルセットを作りました。
病院に行きました。治療院にも行きました。
大して治りませんでした。
最終的に治ったのは、この道に入って身体の使い方を間違えていたことを知り、知っただけでなくて思い知って、日々気をつけなきゃ治らないと決心して気をつけるようになったからです。
そうしたら、他の腰痛の人にも治る方法をお伝えできるようになっていました。
腰痛にならない動き方をお伝えしたり、誰かと一緒に動くときに無理なく動くことや、痛みがでたり褥瘡ができたりしにくい寝方を伝えることもできるようになっていました。
仕事で自分の考えた小さな工夫をして、お互い楽になったと喜んで頂けるとか、「あなたが来ると動きやすい」と言われるのはお金には代えられないやりがいになりました(で、結果的に収入も増えます、紹介とかされるんで)。

ほとんどの療法や代替療法やなんかは、その場しのぎです。その場しのぎも必要です、今痛いんだし、今辛いんですから。でも、その場しのぎは長くは持ちません。長く持ったら施術家が儲からないですし(笑)

あなたが何十年もかけて作った症状です。
一時的に楽にすることはできますが、治った!となるには何十年もかけて自分が身体に対してやってることを見直さなくてはなりません。
面倒くさいと思うでしょうか。
でも、あなたが大好きなものや、この世に一つしかない大事なものを扱うのに、面倒くさいと思いますか?
面倒くさいと思うなら、それがあなたの身体に対するあなたの今の仕打ちです。
それで残りの一生過ごすならそれはあなたの選択ですが、出来るだけやりたいことのできる人生にしたくないですか。
私は訪問マッサージを通して、旅行や外食、単なる外出だけであっても、気軽に行けない方々と接して来ました。
社会の整備が進んでいないから、というのも理由の一つではあります。
でも、大きな理由は動きの問題があるからです。
なるべく長く無理なく動ける知恵があれば、もしかしたら出来ないと思っていることが出来るものになるかもしれません。

この文章は、とある方々への最後のメッセージとして書きました。
お仕事で身体を痛めて施術させて頂いた方々です。
今はもうお会いしていない方がほとんどです。身体を壊す→施術する→身体を壊す→施術する、みたいな不毛なその場しのぎがイヤになったからです(で、口うるさく言ってキャンセルされる私)。
みなさんの健康は、五千円で買えるかもしれません。
五月五日十時から、西巣鴨のフィットネスセッションでお待ちしております(その後は体験会でお待ちしております)。

最新の予定は、こちらから。
お問い合わせは、こちらからどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。