動きを説明できる言葉、という道具を持つことのメリット(フィットネスセッションへのお誘い・3)

動きを多角的に説明できる道具としての言葉を持つ。

それが、キネステティク・クラシックを学ぶメリットのひとつです。
自分の動きは自分だけが分かっていればいい、という人も居ますが、誰かに動きを伝えたい人、伝えねばならない立場の人は、動きを説明できる言葉を持っておくと、とても役に立つ道具となります。

ということで、動きを人に伝えるための道具をもちたい方は是非、5月3日15時からのフィットネスセッションの講座で、キネステティク・クラシックを体験してみてくださいね。

参加方法は、下記のリンクをご覧ください。

第31回フィットネスセッション
http://www.power-st.com/fitsen/howtojoin/index.html

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。