厚いは暑い・浴衣とドゥジン

今年は手持ちの着物を普段可能な限り着るという目標を立てております。
夏になって来たので、夏物を出しました。麻とか綿とか一応、絹も。絹は洗濯出来ないかもしれないから、あんまり着ないと思いますが。
で、十代の頃縫ってもらった浴衣を着たのです。着れました。
紺地に赤と黄色のハイビスカス柄の浴衣

大柄ですが似合う柄だし紺地だし大丈夫でした、自分的には。しかし。

 

暑い。

暑いのです、浴衣。
みんなよくこれ着て花火とか行けるな。
で、同じ木綿ですが、以前縫った沖縄のドゥジンと比べてみました。
 

……暑くない。
生地感の違いもあるかもですが、圧倒的に衿が涼しい。
 
 

 
 
ドゥジンの衿はぺらっぺらの一枚布なんです。
  
 

それに対して、浴衣はこんな感じ。厚みがあります。一番厚いところは布が六枚くらい重なっていると思います。

 
作ったときは「これで大丈夫なのか」と不安になったドゥジンの衿ですが、暑い所ではこれがいいんだな!と実感しました。

厚いは、暑い。厚いとたかが衿でも暑いんだなと実感した出来事でした。
夏に着るのは着物じゃなくてドゥジン中心にします←でも麻の着物は素材のせいか衿が厚くても涼しいです(ほとんどが貰い物、しかも棒衿←つまり普段着)。

今回本文に出てきませんでしたが、介助の道具キネステティク・クラシック ネオの講習会やセミナーは、現在は個人レッスンのみ行っております。
お問い合わせは下記からお気軽にどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です