セッションの最後に選ぶのは、クラニオセイクラル・バイオダイナミクス

エサレンマッサージとか、天城流湯治法とか、キネステティク・クラシック(の応用)とか、名前を一言で言にくいあれとかこれとかを、いろいろセッションでやっている私ですが、実は、なにをやってても、最後にクラニオセイクラル・バイオダイナミクスをさせてもらうことが多いです(クライアントさんの許可は得た上で)。
なんでかというと、現時点の私には、なにをやっても届かないとこは、やっぱり自分でゆるめてもらうしかなくて、それにはクラニオが最適だからです。
クラニオだけでセッションすることも、もちろんありますが、効率とかニーズとか考えると、普通に楽になりたい人には具体的に何かしてからクラニオをやる方が、私には、手っ取り早い(※これは人によります)。
最後は神の手に委ねる、みたいなもの…でもないんですが。
でも、「委ねる」が難しい人には、クラニオ以外のちクラニオにすると、委ねるルートに入りやすいというのはあるかもしれません。
いろいろやった末のクラニオ、ではなくて、クラニオに入るためのいろいろなのかも。
そんなことを思う今日この頃です。

(これも撮ってるのは景色ではなくて水だったりして)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です