テレワークで腰痛になったと思っている人へ・3 腰痛になる前と変わったことは何ですか?(キネステティク・クラシック ネオ)

骨模型が椅子に座っている

テレワークで腰痛になったと思っている人へ、続きです。  1はこちら  2はこちら 本日は、具体的に役に立ちそうなことを書きます。 テレワークで腰痛になったのならば、その前は腰痛ではなかったか、少なくともつらくはなかったと…Read More »

テレワークで腰痛になったと思っている人へ・2 腰痛持ちのあなたは既に「ありのままの自分」ではない(キネステティク・クラシック ネオ)

昨日の「テレワークで腰痛になった人へ」の「一生です」の続きです。 結論から書くと「一生」の理由は、腰痛の自分は身体にとっては既に「ありのままの自分」ではなく「余計な何かをしている自分」なので、地味で地道な躾け直しが必要な…Read More »

テレワークで腰痛になったと思っている人へ・1(キネステティク・クラシック ネオ)

テレワークで腰痛になった。最近よく聞きます。 しかし、それは間違っています。 なぜならテレワークで腰痛になったのではなく、テレワークになったことであなたが取った行動が腰痛の引き金を引いたのです。 年で腰痛。 仕事で腰痛。…Read More »

引くことと押すこと(日本人は引きが好き)

今日は雪なのに遠出。遠出の間にスマホ経由で更新(´▽`)ありがたいことに昨日の立ち上がりブログ→Facebookでコメント頂いたので、その件を簡単にまとめます。今日こそ橋ですね!…と思っていた方、すみません(いないか)帰…Read More »

身体のデザイン(機能は形)3・両膝を片側に倒す(エア介助)

月島橋から晴海を望む

また一石二鳥記事、今回は機能は形の続き、かつ、なんとなくエア介助の続き。 仰向けに寝て両膝を立て、片側に膝を倒す。横向きになってもらうときなんかにやることのある動きです。 この動きの補助をするとき、どうやってますかー。や…Read More »

人の重さを持つ・実際版(そしてエア介助続き)

昨日の「人の重さを持つ」からの続きで更にエア介助の続きにもなるという、本日は一石二鳥の記事(ほんまか)   昨日の記事で、こう書きました。 「相手のことは、相手に任せましょう。善意から出たものでも、他人の荷物に…Read More »

人の重さを持つ・抽象版(境界のワーク)

エア介助を途中にしておきながら、また違うことを書こうとしております。 自分のためにもこれを書いといたほうがいいよとここ最近の偶然がささやくので、SNSにリンクはしないけど書いておきます。 いろんな経緯を全部すっとばします…Read More »

「私、日本で一番変なキネステ教師です!」(推定)

概念ポスター手書き

昨日エア介助について書いて途中にしておきながら、今思いついたことを書いてしまうことにした。すごい暴挙な気もするが、エア介助は半分書きかけだから逃げないけれど、こっちは思いつきなので逃げるかもしれない。なのでいいのだ暴挙で…Read More »

立ち上がり・・・の、エア介助。

スカイツリーと浅草寺

キネステで配布されるワークブックには、余白が多い。 どのくらい余白が多いかというと、コースを受けていない人がワークブックを読んだらコースを受けなくてもキネステについて何かわかるかなと考えて何らかの手段でワークブックを手に…Read More »

身体のデザイン(機能は形)1・骨盤を引く話

ハートのカーブに沿って転がす

「機能は形である」というのは、私の周りではキネステ以外でもしばしば聞く言葉です。今回はその話。 仰向けになっている人の骨盤を引いて体位を変えるというのをキネステだけでなくよくやるかと思うのですが、そのときどうやって引きま…Read More »

1 2 3 4 5