沖縄のドゥジンとタッツケ袴

引き続き外仕事が減っているので、縫い物がますますはかどっております。
たまってたものを解いたり、裁ったり、縫ったり、着たり、繕ったり。で、ギンガムチェックの半端な服地を使ったタッツケ袴の端の始末がやっと出来たので、ドゥジンと一緒に着てみました。

これはこれで良いかも。
ドゥジンは筒袖なのですが、炊事をするにはたもとが有る方が良いのかもなと思いました。たすき掛けしたら落ちてこないので。
でも、上に普通の上着(仕事用)を着るなら、たもとは無い方が良いしなあ……
日常で着ると、いろいろなことに気が付きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です