動く模型、Ninja Anatomyの修理をしてみた

キネステで骨谷さんという動かせる骨格模型を使っております。
Ninja Anatomyさんの模型なのですが、動かすんで時々いろいろ外れます。

外れたときのために六角スパナとか精密ドライバーとかがケースに入っています。

が、今回上肢を動かしまくってるため、肩甲上腕関節のワイヤーが切れました。

 

Ninja Anatomyさんに「アクセサリー用のワイヤーとつぶし玉を持ってるんですが、それで直したらいいですか?」と聞いたら、「それでいいけど使ってるのを送ります!」と言ってくださって送ってくれました。しかも、丁寧な説明書つき。
つぶし玉を通したワイヤーを二周回して通し、つぶし玉をつぶして、上につぶし玉カバーをつけて修理完成。
Ninja Anatomyがお家にいる方で、腕が取れちゃった方はお試しください。
Ninja Anatomyのスタッフさん、ありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です