痛い方の肩を上にして横向きに寝ている、四十肩五十肩(=肩関節周囲炎)の方へ

痛い方の肩を上にして横向きに寝ている、四十肩五十肩(=肩関節周囲炎)の方へのキネステティク・クラシック的提案です。

今すぐ枕の高さをチェックして、使ってない毛布か布団を出して来てくださーい。

前にも書きましたが、横向きに寝るときは、仰向けに寝るときよりかなり高い枕が必要です。仰向けのときの頭には、背中との高さの差しかないのに対して、横向きのときは肩~頭までの差があるので(立ってるときの肩の端っこ~耳までの距離がある)、それだけの高さが必要なんです。
枕の心地良い高さはその都度微妙に変わったりするし、仰向けに寝たいときもあるでしょうから、バスタオルを折ったものとかに枕にすると、微調整もできて良いと思います。
ちなみに私は訳有って柔らかい枕イヤ派なんですが、それについてはこちらのブログをご一読ください(柔らかい枕は一瞬気持ち良いですが、身体には負担になることがあるんです~)。

あと、毛布の使い方。
使ってない毛布か布団を、抱き枕状にして、肩から肘までを同じ高さになるように乗せてみてください。腕~肩が緊張しなくなるので、肩だけでなく首とか頭も楽になると思います。

・・・というようなことの理由をきちんと知って、自分を大事に・ひいては周りの人も大事にしたい方は、キネステティク・クラシック ネオへどうぞ。一生役に立ちますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です