腕が上がらない人は読んでください、無料です(自分の身体リテラシーを上げよう・その1)

先日、がっくりする話がありました。
とある地域のご年配の方向けの講座に、とあるおしゃれな街でとある海外発祥の施術院をやってる方が、とあるツテで招かれたそうです。
で、腕が上がらない方にその場で施術したら上がるようになったので、すごい!!と盛り上がり、そのあとその先生を何万円か出して招こうという計画が進んでるそうなんですけども・・・

半分だまされてるから、それ!

腕が上がらないのは、腕についての考えが間違ってるからです。
こじらせてなければ、腕のことを教えなおせばすぐ上がります。
何万円も払っちゃダメー!!・・・
と、教えてくれた方は「私は田村さんに教わったから知ってたけど、みなさんは知らないから」っておっしゃってましたので、書いておきます。

腕は、前は鎖骨から腕です。
後ろは、肩甲骨から腕です。
見えない側の方が忘れられがちなので、腕が上がらないという人の大半は、肩甲骨が動かないと腕が上がらないということを、知りません(というか、忘れています)。
腕が上がらないという人は、何万円か払う前に、
・誰かに肩甲骨の周りを一周ゆっくり触ってもらって、
・肩甲骨の上に手を当ててもらって、動く範囲でゆっくり動かしてみてください。
で、もう一回あげてみて。あげる時、肩甲骨も動かないと腕は上がらないんだよ~と唱えてください。
それでも上がらなかったら言ってください。何万円はかかりませんので。

なんていうか、世の中の人の身体のリテラシーみたいなのの低さに時々がっくりしますけど、詳細は省きましたがここまでくると健康詐欺じゃん。と思うのでした。
正規の教育を受けた鍼灸マッサージ師とか柔道整復師とかの所業じゃなくて、まだ良かったです(国家資格保持者がそういうことすると思いたくない)。

ってことで、動きのトリセツには、今日から副題が付きました。
「あなたの身体リテラシーを向上させる!キネステで自分のからだと動きのトリセツを作ろう」です。
長いので、また変えるかもしれません。

身体リテラシーの話、続きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です