その動き、「NASA直伝!魅惑のアンチエイジング術」になってますか?

フェイスブックで流れてきた「NASA直伝!魅惑のアンチエイジング術」という文字。
NHKのガッテン!(あれ?前は「ためしてガッテン」でしたよね)でやったそうなんですが。
まるで宇宙飛行士と筋力低下について書いた、この記事の続きのようでは無いですか(自画自賛か)。
上のブログの時点ではざっくり前庭とか内耳としか書いてませんでしたが、ガッテン!でははっきり書いてありますね。
内耳の中にある耳石が問題ではないかと言われてるそうですよ。
で、耳石を動かすことが魅惑のアンチエイジングのポイントだそうなんですが、座り続けてると耳石が動かないので、30分に一度は立ち上がりましょうと書いてあります。
立ち上がると、前後左右上下に耳石が動くので・・・というところの画像をみてください。
とりあえず、絵も描きました。赤い線が、頭にヘッドランプをつけて撮影した、頭の動きの軌道です(多分)。
20161118_081024

自然に立ち上がると、こうなります。そうすると耳石は上下左右前後に動きますねということなんですが。

ぶら下がって立たせてもらってる人の頭の軌道は、たぶんこうです。

20161118_081033
人形で試して確認はしましたが、撮影はして無いので予想ですが。とりあえず、頭の動きは小さくなることは間違いありません。

ということは、ぶらさがって立たせてもらってる人は自ら骨を弱くしている(そのことは、こちらのブログに書きました)と同時に、アンチアンチエイジングをしていることになりますね(それを言うならただのエイジングか)。

施術を受けに行くよりも、まずは、動くことが最大のお手当てで、誰にもやってもらうことのできないセルフケア。
キネステティク・クラシックでは、あなたしかできない、あなた自身のセルフケアのお話をしていきますよー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です