有田・たなかふみえさんの器・・・で、悶える。

書くのが遅くなりましたが(だって今日まで)、池袋東武に、たなかふみえさんの器に会いに行ってきました!!!!!20160920_193059
たなかさんは、実は昔の勤め先の同僚なのです。その頃から細かいものづくりとか沢山されてたんですが、退職後、お母様の故郷・有田で焼き物の絵付けをされていらっしゃいます。
その器が、悶えるほど可愛い・・・
20160920_192612今回購入した器たちです、萌えー。お茶碗は、展示スペースに着いた途端一直線に向かっていって「これください。」と言った為、「そんな、お菓子を買うようにいきなり買っていいのか!?」と作家先生(たなかさん)に言われました。だって、お揃いの蕎麦猪口を持っていたのと、前からお茶碗が欲しかったのとが、重なったんですもーん。20160920_192644
たなかさんの器で悶えるのは、古典と新しいものをあわせるセンスが良くて、絵が丁寧でとか色々あるんですが、私的にたまらんのは、こういう小ワザ。さりげなく、裏側とか、下の方に・・・

20160920_192757こいつが・・・こいつがいるんです・・・

こいつが・・・こいつがいるんです・・・

20160920_193006うちのたなかさんコレクション。

 

 

 

そして、DMもいつも素敵で捨てられない(手帳カバーにはさんでいる)20160920_193445

この表紙の器も、たなかさんのお作。
こちらもいつかシリーズで揃えたいなーとか思うのでした・・・(銀色の使い方に悶)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です