加計呂麻島の砂浜に居る蚊みたいな虫(ヌカカ?)除けにはペパーミントがいいのではないかという仮説

加計呂麻島、ご存知ですか。寅さんのリリィさんが滞在していた島です。何故か数時間加計呂麻島に行ったのですが、そこで怖い話を聞きました。最近砂浜に蚊に似た黒い虫が居て、それが蚊よりもたちが悪く、耳の穴とか髪の毛の中とか入って血を吸って凄く痒くて腫れるらしいのです。これは地元の人が話してたことをこっそり…じゃない、普通に聞いてたんですけども、いろいろ試したらシーブリーズが少し効くそうです。

シーブリーズ。
つまり、メントール。
それならペパーミントが良いんじゃないか!?
…と思ったんですが、数時間しか居なかったしペパーミント精油は持ってなかったんで、ペパーミントをお勧めすることができませんでした。
もしこれを読んでる方で加計呂麻島に行く方は、ぜひともペパーミントを試して欲しい。
多分ハッカ油もいいと思います。メントール入ってるから。
度数の高い焼酎とかウォッカとかのベタベタしない酒か無水エタノールに数滴垂らして水で薄めてスプレーにすると良いのでは。
濃度を1パーセントにしてって言ったりしますけど、虫除けはもっと入れて欲しいところです。ただ、粘膜刺激とか目にしみますんで、目の回りとかは避けてください。

蚊に似た虫は、ヌカカ?とかスベ?とか言うようです(ネットで「加計呂麻島 蚊に似た虫」って調べただけなので真偽のほどは不明)。加計呂麻島に行く機会があったら試したいと思いますが、多分当分行きません。残念です(でも刺されたらすごく辛いらしいので残念ではないのかもしれない)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。