「いつまでですか」「一生です」(年末ヒプノセラピーに寄せて)

キネステもそうですが、ダイエットとか片付けとか、いろんなところでタイトルの会話を聞きますね。

「いつまでこれをやればいいですか?」
「一生です」

っていうやつです。
たいていは、何かの習慣の結果出てきた現象が不都合なとき、その習慣を改めよという時に交わされる会話です。
習慣ですからね。
習慣を改めるとなると、一生なんですよね。
しかし、忙しい世界に生きている私たちは、何かをしてすぐに結果が出る事を望みます。
長いことかかって付けた習慣は、長いことかけて修正するしかありません。
修正してる時、もとの習慣が出て来たら、そこで全部投げ出したりしないで、「まーそういうこともあるよねー気にしない気にしない」みたいな感じでまた修正に戻る…地味。
しかし、たいていは、地味すぎて投げ出したいような作業の先に、希望した結果が有るのです。

ってことでこれは自戒なんですけど、なんでもそうですよ。
キネステだけじゃありません。
ダイエット!も!そうです(to 自分)。
キネステが仕事の時だけの上手い動き方のテクニックを身に付ける事ではなく普段の自分の動きそのものに気をつけるのとであるように、ダイエットは、短期間の食事制限ではなく、食べ方そのものを変えることです(to 自分)。

以上、ほぼ自戒な今日のブログ。
「一生です」を自分に言いつつ、いろいろやっていきたいと思います。

「一生です」を普通にするには、ヒプノセラピーも役に立ちますよ。
詳しくは、こちらをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。