膝が痛い勝間和代さんに、膝が痛いのは膝のせいではないとお知らせしたかった話

勝間和代さんのブログを読んでいます。
で、メルマガも読んでいます。
きっかけは、なんかすっごい振り切れた調理っぷり、しかも美味しい!というのを何かで見たからなのですが(料理教室に行ってみたいが瞬殺売り切れ)、最近メルマガで膝が痛いって仰ってたんですよね。
今やっている対処法をメルマガで読んでて、「ああ…そうじゃない…そうじゃないんですよ、もっと良い対処法が多分ありますよ…」って思っていたら、さっき届いたメルマガで「サポーターしておとなしくしているのがどうも性に合わないので動いてみたら良くなってきました」みたいなことが書いてありました。
良かったです。おとなしくするのが性に合わなくて、良かった…!
さすが何でも試して分析する方です。
そしてさらに、さすが何でも試して分析する方なことが書いてありました。
以下引用です。

『どうしても、何かが痛くなると

「動かさない」
「そちらに体重をかけない」

ということを勧められて、それをやってしまいますが、実はもっと、体はつながっていて、動的なものだから、痛いところを無理やりに動かすのはよくないのですが、痛くない周辺を動かしたり、ほぐしたりすることで、痛いところが間接的によくなるのではないかと考えています。』

そうですー!それですー、良かったですー!!
膝は膝単独で悪くなることは、あんまり無いんですよー!!
体重減らせとかも言われるけど、体重重い人が全員膝が悪い訳でもないじゃないですかー!!
ちなみに腰も腰が悪いんじゃ無いんですよー!!
大くの人の痛めてる原因は、使い方の勘違いと、緊張癖!
対症療法で周辺をケアして、もともとそれを引き起こした使い方の勘違いと緊張させて使う癖を改めると、9割くらい治ります(あとの1割くらいは器質的な原因←私比なんで割合はいい加減)。
いやー、良かった良かった。
やってみて体感で分析する人はいいですね。

やってみて体感で分析出来ないわという人は、自分の動きについて分析するきっかけを体験できるキネステティク・クラシック ネオについて聞きに来てくださーい。直近の体験会は20日です。予定はこちらから~。

この後も勝間さんの膝がどうなるか楽しみにメルマガ読みたいと思います(それ以外も楽しみです、特に調理)。

お問い合わせは、こちらからどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。