強い香りの柔軟剤を使えるということは、私は嗅覚が鈍感なんですと言っているのと同じこと

強い香りの柔軟剤がありますね。
私はあれが大嫌いというか具合が悪くなるのでなるべく遠ざかっていたいのですが、あれを使っている人は周囲に「私、嗅覚が鈍いんです!」と宣言しているということに気がつきました。
または、自分の感覚を犠牲にして身を守っているハリネズミ的な(※あれはもはや武器)。
香水の文化は下水道文化と関連があると考えると、強い香りを使うことの意味を考えられたりするような気もしますが、まあ、少なくともご自分(と周り)の身を削っていることは確実でございます。

今度いろんな分野の臭いものを集めて動きへの影響を観察する会をやろうかな。
みなさんが臭いと思うものも教えてくださいね(※感覚には個人差があるので、「臭い」に感情は入れないで淡々と教えて頂けるようにお願いします。また、自分の臭いは誰かの芳しいなので、他の人の意見には構わないようにお願い致します)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。