大人もゲームには気をつけましょう(キネステでボディメンテナンス)

最近、このようなマダムに時々お会いします。

「片方だけ肩がこってて、首もこってて、目も痛いの~」

以前、似たようなケースに、「テレビの見すぎ」というのがありました。
テレビといっても普通のテレビじゃないんですよ。
そういうかたの共通点は、「韓流ドラマにはまっている」です。
あれは、すごく長い話数があるらしいですね。
それを録画してまとめて延々延々延々と見るそうです。
それは肩も目もつらくなるわけです。

しかし、最近、それを上回るものが。
それは、ゲームです。
ゲームでも「ポケモンgo」にはまっていたときの皆様はまだマシでした。
クリアするために、歩くので(ご本人も自覚があって、皆さんそういいます)。
今のゲームは農園で育てるとか、協力して何か倒すとか、そういうのらしく(そういうゲームあんまりやらないので詳しくない←なめこしか知らない)、一歩も動かないらしいです。
しかも、先日聞いたすごい話だと、24時間目を話さず何か育てるとか言うのがあるらしい(?)
寝てください。せめて。
寝てないマダムはお子さんに「ゲームはもう少し控えたら」といわれるそうです。
どっちが親だかわかりませんね(と、ご本人も言ってました・・・)。

ということで、ゲームにはまると身体に影響するので、ほどほどになさることをお勧めします。
・・・っていいながら、子どもがやってたので、これを登録してしまいました。

どうぶつの森ポケットキャンプ、通称ポケキャン(なのか?)。
節度をもって楽しみたいと思います・・・。

そんなゲーム病を発祥している貴方様(?)、人差し指だけ痺れていて背中が鉄板のマダムも納得のボディメンテナンスのお問い合わせはこちらからどうぞ。

お名前(必須)* 
メールアドレス(必須)* 
お電話番号  - -
ご用件(必須)*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。