ついにJR東海が新幹線をディスカウント!!台風の時も便利なスマートEXを使ってみたよ

JR東海。
JRグループの中で、確か一番儲かっている会社。
そのためものすごく強気な会社。
JR東日本(えきねっとトクだ値とか)も、西日本(30周年乗り放題きっぷ)も、九州(北九州~博多のよかよかきっぷとか)も、なにかしら新幹線の簡単に買える割引きをしているというのに、東海はありませんでした。
「エクスプレスカードがあるじゃない?」そうですが、あれはカードを発行するか、スマホに付けるかしないといけないんですよね。面倒です。
「JR東海ツアーズは?」そうですが、あれはチケットを発券してもらったり、送ってもらうか受け取りにいくかしたり、新大阪以遠は宿泊を伴わない割引が無かったりと、何かと使い勝手が悪い。
あー、東海道新幹線やすくなんないかなー。
そう思って検索していたら、「スマートEX」という広告が表示されるようになりました。
9月30日から始まったばかり。
会員登録はネットからできて、クレジットで清算できる。チケットをJR東海の受け取り機や窓口で受け取ることもできるけど、交通系ICカードを登録すれば、それをタッチするだけでチケットレスでも乗車可能。
おまけに早割があって座席指定ができ(電源席が取れる!)、出発前までネットから変更でもキャンセルでも自由にできて、キャンセルはキャンセル料がかかりますが、発券していなければなんと310円しかかかりません。
…JR東海がそんなに親切なんて、おかしい。
もしかして騙されてるんじゃないだろうか。
試しに使ってみることにいたしました。
東京~広島間、普通に指定を取ると、18040円。スマートEXでの早割で取ると、15500円。
…2500円も違います。
LCCよりはかなり高いけど、飛行機と比べると、そうでもない。
飛行機みたいに早く行かなくていいし、市街から一時間ほどかかる、山の中にある広島空港に行くリムジンが遅延で飛行機に乗り遅れたことのある私としては、「こ、これなら乗ってもいいかも…」とか思ってしまいます。
会員登録、カード登録、ICカード登録。
特筆することがないくらい簡単。
検索、予約、変更(してないけどしようかと思って途中までやってみた)、キャンセル(してないけど以下同文)、特筆することがないくらい簡単。
今回のように台風が来て、「飛行機取ってたけど飛ぶか分からないから変更しようかな」とか、「飛行機取ってるけど台風くるかもだから、とりあえずチケット取っておいて飛行機飛んだらキャンセルしよう」とかいう使い方もできてしまいます。
デメリットを強いて探せば、顧客番号のケタが多くて憶えられないから、いちいち入力するのがめんどうだという程度。
で、乗車は、ほんとにSuicaをタッチでそのまま入れました。検札が来たらなんて言ったらいいのか?!?と思ったけど、何も言われませんでした(最近何も言われないよね、指定席だと)。
という訳で、新幹線に乗る方で、エクスプレスカードを作ってないかたは(当たり前ですが割引率はエクスプレスカードの方が若干良いです)、ぜひ登録しましょう。無料だし。
あと、JR東海の旅行商品でもなんでもそうだけど、新幹線の乗車駅から降車駅まで、JR東海の管轄のところまでしか行けません。切符だったら新幹線から在来線出口じゃなく、新幹線出口から出て在来線入口から入り直すか有人窓口で清算するかになると思います。
これも、交通系ICカードだとタッチするだけで出場→入場が一瞬で済み、そのまま通れるからすごく楽!!
新幹線に乗るときは、しばらくはこれで行こう!と決めた広島行きでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。