北斎茶房のカキ氷と沖縄のぜんざい

両国から錦糸町に向かう「北斎通り」の錦糸町寄りに、北斎茶房という甘味屋さんがあります(ちなみに隣はムーミンの店)。
何度か行っているのに、なぜかカキ氷シーズンに行ったことがありませんでした。
今年、あまりにも蒸し暑かったので、近隣の仕事に行く前に「そうだ、帰りはカキ氷を食べよう・・・」と、自分をエサで釣りました(その日伺うお宅は冷房否定派のお家なので時々エサを欲する)。

で、仕事が終わって歩いて歩いて歩いてー、最近出来た北斎美術館を眺め(報道を見てまさかと思っていたけど、ほんとに、以前からある児童公園の向こう側に突如として出来たんですね・・・)、たどり着きました。
待つかなと思ったんですが、ラッキーなことに、すぐ入れました。
これはほんとにラッキーだったらしく、あとから来たお客さんはみんな外で待つか、諦めて帰っていました。すごく蒸し暑い日だったんで。
食べたのは、きなこ黒糖白玉ミルク(たぶん)。

見た目は地味ですが、とても美味しかったですー。
ただ、注文してから白玉を作ってくれるそうで、やや時間がかかったのは了承してましたが、お茶のおかわりをめっちゃ待たされたのは予想外でした。お願いした後も5分くらい注文とったり運んだり注文とったりしていたので忘れたのかと思ってもう一回言ってみたら「順番ですから!お待ちください!」と忙しさに殺気立ったお兄さんに怒られました。
そういう意味では、こちらの方がのんびりしてて美味しくてすごくよかったです、沖縄のぜんざい。

金時豆黒糖味白玉入りミルクトッピング。
北斎茶房と似た内容ですが、北斎茶房のカキ氷一個で、ぜんざいは四個くらい買えます(爆)
環境込みでどっちかくれると言ったら、ぜんざいかな。
また沖縄に行きたいなーと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。